災害時の特殊状況下の初動に効果を発揮する

全国の防災関係者・医療関係者の皆様へ

「災害備蓄用薬袋」は、東日本大震災での支援を機に、災害時に適切な医療を迅速に提供するために開発されました。

電力・人員・物資が不足している特殊状況下を想定した、「災害時初動に特化」した特別仕様の薬袋です。

サンプル品・詳しい資料のご請求(無料)

災害備蓄用薬袋のデザイン

災害備蓄用薬袋のデザインは基本的に以下の通りです。

自治体名や団体名・病院名・薬局名の名入れを加えたデザインに変更することも可能です。

災害備蓄用薬袋

災害備蓄用薬袋の3つの特長

特長1 適切な医療情報を市民の皆様に提供できます

電力が使えず、人員も少ない災害時には、患者から細やかな聞き取りをしきれない現実があります。

  • 患者が避難所を移動しても医師・薬剤師が薬の重複・飲み合わせなどをチェックでき、重複投与や薬による副作用を予防します
  • おくすり手帳の役目も果たせるよう工夫されており、より適切な治療が受けられます

特長2 「一人一枚」で完結する薬袋

震災直後は物資が行き渡らないことも考慮し、薬袋が「一人一枚」で済むように作られています。

  • 内服薬・外用薬ともに記入できる
  • 日付欄が複数あり、繰り返し使用できる

特長3 大容量のB5サイズ

東日本大震災で支援を行った宮城県薬剤師会様より「災害医療の現場では、大容量のお薬を入れることが必要」とアドバイスいただきました。

災害時は持病の薬を持ち出せるとは限りません。飲み薬とともに、かさばる吸入薬などの外用薬も一緒に収まる大きさです。

  • 内用薬・外用薬など複数薬を入れることができます
  • 文字サイズも大きめで、高齢者にも分かりやすい

大容量B5サイズ:災害備蓄用薬袋


「薬剤師のための災害対策マニュアル」で備蓄品として推奨

日本薬剤師会ウェブページ

「薬剤師のための災害対策マニュアル」とは

平成24年3月に「平成23年度厚生労働科学研究「薬局及び薬剤師に関する災害対策マニュアルの策定に関する研究」研究班の報告書である「薬剤師のための災害対策マニュアル」(以下「災害対策マニュアル」)が作成されました。

この災害対策マニュアルでは、薬剤師と薬剤師会が災害時に行うべき活動と、平時の準備や防災対策といった指針が示されています。

同マニュアルでは、東日本大震災等の経験を踏まえ、医療に従事する薬剤師及び薬剤師会が災害時に行うべき活動と、平時の準備・防災対策が示されています。

日本薬剤師会(日本薬剤師会)


この「災害対策マニュアル」では薬剤師が災害時に携行すべき物品がリスト化されています。その中に「災害用緊急薬袋」も含まれており、見本として弊社の薬袋が掲載されています。

「薬剤師のための災害対策マニュアル」表紙

「薬剤師のための災害対策マニュアル」災害時携行用薬剤関連資材リスト

「薬剤師のための災害対策マニュアル」災害用緊急薬袋


こちらの災害用緊急薬袋は、東日本大震災後に現役薬剤師、ならびに日本薬剤師会の担当者からアドバイスを頂いた、現場の声を反映したデザインになっています。

平時から

災害対策マニュアルの中で、医療機関の薬剤部門・薬局では、平時から直ちに取り組みべきこととして「医薬品の備蓄・管理」の項目で「その他、薬剤関連資材についても、同様の備蓄に努める(資料3)」と記載されています。

災害発生時には

災害時の救援活動では「被災地での医療救護活動に必要と思われる備品(資料1)、携行用医薬品(資料2)、及び被災地の医療救護所において調剤及び医薬品の保管・管理に必要となる資材(資料3)を準備する」と記載されています。


弊社の「災害用緊急薬袋」を備蓄品として、ぜひご検討ください。

サンプル・資料などの
ご請求(無料)


使用実績・納入実績

災害における使用実績

東日本大震災 薬袋支援活動

2011年3月11日発生の東日本大震災において被災自治体の薬剤師会様に対し、薬袋の緊急支援を実施しました。※下記は支援の一部です。

  • 2011年3月16日(水):岩手県薬剤師会 薬袋20万枚
  • 2011年3月19日(土):宮城県薬剤師会 薬袋20万枚


災害用備品としての納入実績

  • 2012年1月:47都道府県薬剤師会様へ各10,000枚を無償提供
  • 2014年8月:中部地方の自治体様へ2,000枚を納入

※掲載許可を頂いた団体・自治体様のみ掲載しております


メディア掲載・利用された医療従事者の声など

弊社の「災害備蓄用薬袋」は、様々なメディアの他、東日本大震災でボランティア活動された医療従事者の活動レポートやブログなどでご紹介いただきました。※震災当時は「災害対応緊急薬袋」と呼称。太字は当社による。

新聞報道

新潟日報2011年9月17日朝刊「災害緊急薬袋を製作、備蓄訴え」

東日本大震災での被災地支援をきっかけに、災害時に薬局や病院が利用する「災害対応緊急薬袋」の製作を進めている。停電で現場のプリンターが使えない事態を想定し、細かな処方を手書きしやすい体裁にする。(略)宮城県薬剤師会の広重憲生専務理事は「とても使いやすい薬袋だった。地震発生後すぐに届けてもらい、ありがたかった」と振り返る。


ボランティアレポート

高知県薬剤師会 石崎様レポート『東日本大震災 薬剤師会ボランティア活動報告 in 宮城県石巻エリア』

仮設診療所で使われている薬袋や内袋は、各医療チームが持ち寄ったものが各種混在して使われていたが、その中にどこで作られたものか「災害対応緊急薬袋」というものがあった。

処方内容を服用時点、服用個数ごとに記入できるもので、意図としてはしっかり書いておけば次回以降のdo処方にそのまま役立てる作りとなっている。実際には繰り返し使用はあまりされていなかったが、うまく使えば役にたつ様式であり、改良を加えて一定量を作成し、県薬単位で備蓄してもいいのでないかと思った。

他の紹介事例を読む


厚生労働省

厚労省研究班報告書『薬剤師のための災害対策マニュアル』

『薬剤師のための災害対策マニュアル』

平成23年度厚生労働科学研究「薬局及び薬剤師に関する災害対策マニュアルの策定に関する研究」の報告書『薬剤師のための災害対策マニュアル』において、「災害時携行用薬剤関連資材リスト」で備蓄品として紹介されました。

このマニュアルは薬事日報社から書籍化されて、販売されています。

薬事日報社のオンラインショップ


製品のご案内

災害用緊急薬袋荷姿

  • サイズ : B5(182×257mm)
  • 入数 : 1箱 2,000枚
  • 価格 : 1箱 8,200円+税、別途送料
  • 送料 : 1箱につき700円+税(沖縄県・離島は別途追加料金)
  • 納期 : 10~14日

箱の側面に内容物が一目で分かる製品シールが貼られており、備蓄倉庫や避難所での仕分け・分配がスムーズです。箱単位でのご購入をお願いします。

詳しい資料のご請求は

資料のご請求

「災害備蓄用薬袋」のサンプル品、詳しいご案内、東日本大震災支援レポートなどをセットにして無料でお送りしております。

実際の形状をご確認いただく他、自治体・部門内でのご検討資料などにお使いください。

サンプル・資料などの
ご請求(無料)